風神様の日記

愛車のバイク'88CBR250Rの走行距離は35万kmを超えました。酒とバイクと中島みゆき(笑)と、仕事と腰痛と北海道ツーリングで出来てる多分一生独身のアラフィフです。非正規雇用の貧困層で、日記は基本ネガティブです。複数のサイト(グリー・so-net・ウェブリブログ・はてな日記・ヤフーモバゲー)で同じ内容の日記を、コメント目当てで毎日書いてます。日記にコメント下されば喜びます。昨今のゲームや音楽はよく分かりません。ガラホとノートPCで旅先・出張先問わずネットやってます。

2018.3.1(木)バイクと車のスピード

2018.3.1(木)バイクと車のスピード

今日も社用車で高速道路。
いつもなら一人の時は軽自動車ばかりで、
普通自動車の時は同乗者がいる時ばかりだったが、
今日は「14年目の今の会社では始めてじゃあないのか?」と思うくらいの、
一人で定員5人の普通自動車の大衆車で高速道路。
140リミッターの付いてる軽自動車と違って、
加速もトップスピードも上だ。
しかも、
それを感じさせない乗り心地。
さすが「車」だと実感。
軽自動車だと長野~小諸がスッとばしても25分だが、
今日の定員5人の普通自動車の大衆車でスッとばしたら小諸~須坂長野東が27分だった。
メーターが180以上あるのに、
「出ないんだ」と残念な気がしたが、
まあ……軽自動車に比べたら速いね。
定員5人の普通自動車の大衆車でこういうスピード出すと、
軽自動車とはこんなに乗り心地が違うんだ、
と感心。
でも、
愛車の1988年式の250cc四気筒のバイクだと、
佐久~須坂長野が
「どんなにオールクリアだったとしても25分切れないなあ」
というのが常なので、
それと比べると、
普通自動車といえども所詮は「車」だよなあ、
と再確認する。
3ナンバーの車は、
また違うんだろうけど、
3ナンバーでスッとばす機会なんか俺の人生でこの先皆無だから興味ない。
定員5人の普通自動車の大衆車でも、
軽自動車にくらべりゃあ楽にスピード出るけれど、
そんなにスッとばしてるドライバーに遭遇する事もない。
今日の俺の社用車の、
定員5人の普通自動車の大衆車より楽にスピード出る車に乗っていて、
追い越し車線で俺が追い付いても道譲らないドライバーばっかりだし。
「車」なんて・ドライバーなんて、
所詮そんなもんだ。
俺はやっぱりバイクの方がいいや。
便利さは認めるけど、
所詮「車」だから、
どんなにスピード出しても「所詮こんなもんだ」感しか湧かない。
小諸~須坂長野で27分もかかる遅い定員5人の普通自動車の大衆車より、
1988年式の250cc四気筒のバイクで佐久~須坂長野を「25分切れないなあ」って思う方が楽しい。
……以上は長野県内の上信越自動車道での大変ローカルな、
ファンタジーな話し(笑)。