風神様のブログ

ガラホとノートPCで毎日日記書いてます。毎日♪ 愛車は30年以上乗り続け35万km以上走ってるバイク'88CBR250R。酒とバイクと中島みゆき(笑)で構成されてる独身50代のバイク乗りが、一期一会を大事に思って日記のコメントにレスする事を目的に、ウェブリブログ・グリー・ヤフーモバゲー・はてなダイアリー・はてなブログ・so-netで同じ内容の日記をupし続けてます。ブログ歴は20年くらいで、俺がこの世に存在していた証しとなってます。二日以上日記がupされなかったら、バイクで事故ったとでも思って下さい。

2018.5.5(土)福島ツーリング二日目

2018.5.5(土)福島ツーリング二日目

福島県浜通りの帰宅困難地域周辺、
一年前は入れなかった道が、
僅かだけと通れるようになってた、
でもゴーストタウンみたい。
相変わらず国道6号は、
車は通れるけどバイクと歩行者は通れない。
そこで生身で働いてる人達もいるのに、
車はよくてバイクはダメ。
高速道路はバイクも通れるのに、
国道6号はバイクNG。
ここから帰宅困難地域っていうバリケードの、
向う側とこちら側、
何が違うのか。
放射能の数値?
本当にそれだけか?
帰りたい人、
帰りたくない人、
仮設住宅を追い出されたら行くところがなくて帰りたくないのに帰らなきゃならない人、
いろんな人がいる。
あのゴーストタウンの中で暮らしてる人は仕事があるのだろうか?
二軒やってた飲食店、
どういう経営状態なんだろうか?
学校は一切再開していない。
でもコンビニはどんどんオープンして増えてる。
きっと現場の人口より、
俺みたいな旅行者の方が人数多いのだろうから、
コンビニが増えるのは理解出来る。
俺はコンビニさえあれば、
もし生活の糧があるのなら、
地元では独りぼっちなんだからこの辺りに移り住みたいとすら思う。
車はよくてバイクはダメで、
何年も変わらないバリケードと、
バリケードの向う側とこちら側、
未だ津浪や地震の日のそのままの被災景色のままの地域もあって、
でも鉄道が再開されて新しい建物も建ってる場所もある。
この違和感・この疑問は、
現地に行かなきゃ湧かなかった。
多分、答えなんかないのだろう。
矛盾してるのが現実なんだろう。
だから、その矛盾してる現実くらいは知っておきたい。
現実を知らない事が俺は耐えられないから、
知らなかったでは済ませたくない。
転んで事故ってから「バイクってこんなケガする危ないものだとは知らなかった」っていう、
そういうのと同じな低レベルな事は言いたくない。
いつか、あの道をバイクで走りたいから、
その為にいろいろ知っておきたい。
今回も、そんな事を考えながら走った福島ツーリング。
日中は食べるとねむくなっちゃうから、
晩御飯を豪勢にする。
福島市のホテル周辺を散策して、
今夜もたらふく食べた。
今夜お酒は控え目。
明日は中通り会津を抜けて、
下道オンリーで長野に帰るつもり。
ルートにもよるけど、
長くて350kmくらいってのも、
この2~3年の定番になってる。
高速道路はスピード出しちゃってイケナイので、
帰り道くらいは普通に走らなきゃって心掛け。
0時だ、寝なきゃ。